願いをかなえる呪い代行トップ > 呪いに関する情報ページ > 簡単な呪いバックナンバー

簡単な呪い過去半年分バックナンバー

呪術ご相談、お問合せ、問題解決ご相談すべて無料です。お気軽にご相談ください

・ここで紹介している呪いには特に準備は必要ありません。
・呪いを行っているところを誰かに見られると効果がなくなります。
・1度に行う呪術は1つのみとし、続けて行う場合は1月以上間をあけてください。
・情報の無断転載を禁止します。このコンテンツは法律により保護されています。
・やり方がよくわからない、疑問点などがありましたら、「ご依頼・ご相談はこちら」ページからお気軽にお問い合わせください。


<二者択一の正しい選択をする>
1.コインを1枚用意する。白いハンカチで丁寧に拭き、1日日光に当てておく。

2.平らな台を用意し、立てる形で乗せる。その後「レーン・トーハ・コルン」と唱えたあと、コインに軽く息を吹きかける。

3.上になって倒れた方が正しい選択肢である。

※あらかじめコインの表と裏で選択肢を決めておくこと。


<愛を復活させる>
1.リンゴを一つ用意する。

2.針などとがったもので、復活愛を望む相手の名前と自分の名前を並べて書く。

3.次の呪文を唱える。「空、月、雲、太陽であるデルよ、愛を復活させたまえ」

4.芯を残してそのリンゴを食べる。


<24時間の守りを得る>
1.青々としている葉を1枚手に入れる。この時「1枚だけ分けてください」と必ず口に出して唱えること。
※葉の種類は問わないが、かぶれる種類は避ける

2.白い紙に包み、両手で挟んで息を軽く吹きかけ、「汝の親は私」と唱える。

3.その時から24時間のみ守護を得られるとされている。24時間過ぎたら必ず感謝しながら捨てるか燃やすこと。


<迷惑な行為をやめさせる>
1.動物図鑑など、凶暴な野獣の写真が載っているものを手に入れる。

2.眠る前にそれを見て相手を思い浮かべ「●●という行為をやめるように」と念ずる。

3.野獣の載っている図鑑や写真は枕元か、近いところにおいておくこと。


<魅力をアップさせる>
1.新品のハンカチを1枚用意する。柄がついていても構わない。

2.太陽にかざし「トリモ」と3回唱える。

3.このハンカチはそのまま使って良い。


<欲しい物を得る>
1.ガラス玉1個と宝石を用意する。宝石は高価なものでなくとも良い。

2.宝石を3日間身につけ、欲しいものが手に入るよう祈る。

3.火曜日に宝石とガラス玉をテーブルの上に置き、少し双方を見つめてから自分の利き腕で宝石をつかむ。

4.もう片方の手でガラス玉をテーブルからはじき落とす。



<悪意を相手に返す>
1.鏡を1枚新しく用意する。大きさは任意だが、ドアに取り付けられるサイズにすること。

2.ドアの室内側の面に鏡を貼り付ける。この時、顔が映る方をドアに向ける。落ちないようにしっかり固定する。釘などで打ち付けても良いし、ガムテープなどで貼り付けても良い。

3.鏡の裏面に右手をあて、「悪意よ去れ」と3度唱える。

この呪術は相手がはっきりしない場合には使ってはならない。


<厄除けを行う>
1.唱える状況は問わない。誰にも聞かれない状態であれば構わない。

2.「フルス ハンズ ファヌス」と5回口の中で唱える。大声でも小声過ぎてもいけない。

3.これで、トラブルや問題は去るとされている。


<旅行の安全を願う>
1.行く先の地図を用意し、通ると思われる道をペンでなぞる。

2.20cm四方の紙を用意し、なぞった道を写し取る。

3.青いペンで道の周囲を囲み、その紙をお守りとする。

 通る行程が広範囲の場合は最初に降り立つ場所から一部分で良い。


<才能を得る>
1.正方形の紙を用意し、その中に黒インクで円を書く。

2.次にその円の中に星型を書く。

3.その星の中に望む才能を詳しく書く。

4.護符として持ち歩く。


<異性にもてるようになる>
1.小さなもので良いので、新しい香水を用意する。

2.ふたを開け、息を吹きかけながら「ヴィー エックス ウィート エン アフ ディート」と数回繰り返し唱える。魅力的な自分をイメージすると良い。

3.その香水を適量つける。


<恋のライバルに勝つ>
1.赤いインクと白い紙を用意する。

2.左手の薬指に赤いインクをつけ、紙に自分の名と、結ばれたい相手の名前をそのインクで書く。インクは途中でつけなおしてもかまわない。
縦書きでも横書きでも良い。

3.書き終わったら紙を両手に持ち「ハート ハート ハート フラフィス」と唱える。


不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。ご料金はかかりません。
情報の無断転載を禁止します。このコンテンツは法律により保護されています。

Copyright © 2001- ,W.Saito, All rights reserved.